整体師向き不向き

整体師向いている人!?

話をするのが。。。好きな人(苦にならない人)。。。は、整体師に向いていると思います。。。まぁさらに言えば。。。 話をするのが上手な人の方が良いですが、そこまでは敢えて言わないでおこうと思います。

 

整体師も様々な人がいれば、どの整体師が良いかという風に感じる人も様々です。

 

どんな人でも、よっぽどの事がない限り、ヒイキにしてくれる顧客がある程度は現れてくれます。

 

中には、口下手で無口な人もいるかもしれませんが、それも個性の一つ。。。他の要領の良い整体師に比べれば客付きのスピードは劣るかもしれませんが、コツコツやっていれば。。。少しづつファンは増えていきますから。。。

 

で、とはいえ・・・話をするのが苦痛だ。。。という人は。。。長年にわたって整体師を仕事にするには、しんどいかもしれません。。。

 

整体師向いていない人!?

がっつりと。。。 儲けたい人。。。は、整体師には不向きであると言えるかもしれません。

 

整体師は、基本的に、人一人が患者一人に対し、施術をしてお金を頂く仕事ですから。。。

 

他のビジネスのように、オートメーション化、機械化することが不可能であると言って良いと思います。

 

ですから、整体で仮に大きくビジネス展開をしたとしても・・・やはり他のビジネスと比べると、人件費カットの工夫が難しく、儲けを出しにくいビジネスであるといえると思います。

 

まぁ、それでも、整体師になるんだ。。。

 

人のためになりたいんだ。それが生きがいなんだ。

 

という様な人でないと。。。長年に渡り。。。人を使う経営者も含め。。。整体を生業としてやっていくのはしんどいと思います。

 

整体師。。。モノになった人達の傾向

若い人!?

若い人!?なんて書くとミモフタもない感じがしますが、整体師ナビ男が講師として、生徒さんと関わって きた感じでは、やはり若い人のほうがものになる人が多いような気がします。

 

まぁ、若い方が、飲み込みが早いとか、考え方が柔軟であるとかそういう要素もありますが、何と言っても一番は、「情熱」、「やる気」を持っている人が、若い人に多いといえるからじゃないでしょうかね^^;

 

若くして整体学校に入ろうという人は、大抵、整体師を職業にしようという強い気持ちを持っている人が多いですから。。。

 

で、若いときは、自分で頑張って貯めたなけなしのお金を払ったのだから、絶対に物にするんだという気持ちが強い人も多いですし。。。

 

ま、そんなこんなで、結果的に若い人のほうが物になりやすいといえると思います。

 

一方、年配の方などは、趣味で整体を学びたいとか、お金には余裕があって、将来のための保険とか。。。そんな感じで学ばれる方も多いので・・・忙しかったり、なんらかの諸事情等で、整体よりもそちらを優先して。。。次第に整体学校への足が遠くなっていくというケースが多いですね。

 

ま、極論になりますが、整体をものにしようという気持ちがどれくらい強いか。。。が重要なのではないかと思うわけです^^;

 

整体師。。。モノにならなかった人達の傾向

過去の栄光?

整体師ナビ男が整体学校で講師をしていたとき、整体師を目指して入校してくるたくさんの生徒さんを指導させていただいたのですが、

 

モノになりにくい人として、過去の栄光!?とでもいえばよいのでしょうか?

 

学歴とか、職歴とかそういうものに変にプライドを持っている人。。。そういう人はモノになりにくいような気がしましたね。

 

上記のような方は、講師陣の指導を素直に聞こうとしない人が多く、また、整体というもの。。。手技というものは、言葉ではうまく説明できない職人技の要素も必要となるので。。。

 

ちゃんと論理的に説明してもらえないと困る。
とか
こんな練習にどんな意味があるのか。

 

とか、いちいちぐだぐだ考えたり、そういうことから、講師陣と良好な人間関係を築くことができなかったりすると、やはり、その学校の整体の真理に近づくことができなくなりますから、モノになりにくいということになってしまいますね。

 

ま、そもそも、整体師自体が、まだまだ現状では社会的ステータスの高い職業とは必ずしもいえないので、先述の学歴とか、職歴とかそういうものに変にプライドを持っている人というのは根本的に整体師には向いてないのかもしれませんね。